PTSDの知識と快復法

PTSDの「具体的な対処法」や「サポートの仕方」について、
311東日本大震災時にNiftyで緊急連載したシリーズ(12回)です。
題材は地震ですが、PTSDにどう向き合えばいいか、
どうすれば改善するかを書きましたので、
ぜひお役立てください。

PTSDのしくみから、回復法まで

PTSDの特徴〜対処法〜有効な回復方法までを
35枚のスライドにまとめました。

▶で動きますが、表示されにくい場合は、
「PTSD講座」のリンクをクリックしてください。

​​​活動の原点・・・いじめ、PTSDサバイバーとして



幸せになりましょう!
つらい思いをしたのなら、なおさらです。

私、百世(ももせ)は日本では数少ない、PTSD (心の傷)といじめの専門家です。
 

娘がまだ幼い頃のことです。ある家庭に狙われ、ストーカー的いじめ被害にあいました。

暴力は日常茶飯事、「死ね」「出ていけ」仲間はずし、無視。娘の顔の中央には黒々とした傷をつけられ、数年間一目見てわかるほどでした。

私には身に覚えのない中傷やつるしあげ、家には5〜6年もの間、嫌がらせの無言電話。

それまで仲良くしていた人たちまでが、ある日突然、手のひらを返してひとことも口をきかなくなる。

何が起こったのかわかりませんでした。私たちは何もしていないのに、いったん火がついたいじめや嫌がらせ、悪意の噂はおさまりません。


膨大な証拠のうち認められたのはその一部ですが、それでも裁判に勝ったほどの事件でした。といっても、弁護士費用と裁判費用で赤字です。離婚して生活がギリギリでも、黙って泣き寝入りはしないという思いだけでした。



PTSDになった私たちは、娘はチックで一日中まばたきが止まらなくなり、足はビッコをひき、「痛い!やめて!」と悪夢にうなされました。

ボーッとして反応しない、突然大きな声をあげたり、フラッシュバックで意識が遠のきました。



私は気が張りつめ、2〜3時間しか眠れない不眠が数ヶ月間も続き、暑さ・寒さやヒフ感覚がなくなり、うつ状態になりました。



もちろん、心療内科にもカウンセリングにも5年間通いました。
けれども、やりきれない感情は心の底に溜まっています。
体をふると、ちゃぷちゃぷと小さな響きがするような、
涙が溜まったままなのです。

髪の毛の一本一本にまで

ひそかに冷たい記憶がからまっている。
指の先まで、ひっそりと悲しみが詰まっている。

細胞の一つひとつにたまった苦しさと対人恐怖。
数年経っても、心のキズはうずき続けました。



それを解放してあげたい。

そう思って、暗中模索で自分の演劇スキルを使い、

心のキズに焦点をあてたワークを開発しました。



2009年からほぼ毎月、こつこつと続けて来たワーク。

参加者の方がイキイキとした笑顔になってくださることが喜びとなって、法人化したのが2012年です。



心の傷つきや生きづらさは、誰もが抱えるもの。
カラダが病気や事故にあうように、

心だって、病気やケガをします。



たとえ傷ついても復帰できる社会であってほしい。

苦しさからラクになって、

"自分らしさ"や"本来の力"を取り戻してほしい。



私自身も体験したからこそ、そのサポートができれば。
そう強く願って活動しています。